節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

糖質制限について勉強

Wikipedia 『低炭水化物ダイエット』より

世界保健機関(WHO)は1日の砂糖の摂取量を25g以下にすべきだと2014年3月に発表しているよう。

WHO calls on countries to reduce sugars intake among adults and children"

〇『The Principles and Practice of Medicine』の1901年度版にて、ウィリアム・オスラー( William Osler )は、肥満体の女性に対して「食べ物を食べ過ぎないこと。とくに、デンプン質が豊富な食べ物と砂糖を減らすように」と述べている。

 

https://www.daiwa-pharm.com/info/fukuda/7592/

大和製薬HPに、糖質制限について詳しく書かれている文章があり、大変参考になりました。ただ自分には医学的で難しい面もあり、あと何度か読み返してしっかり理解する必要があります。

この福田先生の文章を読んでの、自分なりの結論は

〇日常、空腹感を感じたら体内の脂肪が使われるチャンスと考える、糖質が足りないとすぐ補給しなくて良い。体脂肪率が20%台の現在では、日々食べる量を減らして空腹時に余分な脂肪を燃やすくらいが丁度良い。体脂肪率10%台がとりあえずの目標。

〇玄米と雑穀1日0.5合の糖質制限は方向性としては良い。ただエネルギー量が足りない場合、他に何を食べるのかに注意しなければならない。野菜の内容にも気を付ける必要がある。

〇精製糖、人工甘味料は極力食べないようにするのがよい。糖質は人間の脳にとっては快感なので癖になり中毒症になる。現代のような糖質を沢山摂れる状況は人間の歴史の中ではつい最近のことで、体の仕組みは対応できていない。糖尿病予防のためには糖質を制限するしかない。