節制と禁欲と筋トレと読書

今日の命に感謝し男を磨く取り組みや思考の雑記帳

自分を鍛える理由とは?(自分に言い聞かせる記事)

 今回の文章は、現在、1日1食に挑戦中ですが、なかなか簡単ではありません。

「Mr.T」の禁欲&一日一食を続けたちょっとストイックなブログです - ユーベルメンシュへの階段 (mrt97.com)

 禁欲ブログの大先輩のブログですが(最近、記事が非公開となっていますが)相当の日数、禁欲と1日1食を継続されており、禁欲ブログランキング1位も納得です。

 実践している人の言葉と実体験記には説得力があります。自分も禁欲と1日1食をルーティン化しようと、取り組み中です。

 1日1食に関しては、小野伸二選手や平野歩夢選手、内村航平選手などの1日1食の少食アスリートにも関心があります。また、性的禁欲者の先輩方のブログを拝見するとほぼ皆さん筋トレをやっています。自分も少しずつ、体を鍛えながら、1日1-2食で、どこまで体力増強や維持が可能なのかを実験してみようと思います。

astrongman.hatenablog.com

 

astrongman.hatenablog.com

 

astrongman.hatenablog.com

 

 

 このブログは、誰かの為にというよりは、自分に言い聞かせたり、自分を奮い立たせたりるために書いている部分が大半です。日々失敗の繰り返しですが、とにかく諦めずに少しずつでも1日1食の日が増えるように、そしていつかは、あくまでネット情報ですが、タモリさんのように、1日1食時々断食サイクルを確立させたいと考えています。

 

 自分の色々な取り組みのスタートとなった出来事は、昨年1月のとある仕事にも関連するとある勉強会に参加したことに始まります。そこで自分の生活全般、特に食生活は良くないことを改めて強く認識し、少しずつ食生活を変え始めました。まずは甘いものを控え始めました。食べ過ぎがよくないということは、体験的にもわかっていました。色々少食関連の書籍も読みましたが、水野南北先生関連の書籍を読んで、少食開運説、三年間食を慎めば、運が開けるらしいという説を知り、試してみようと思いました。

 

 いい歳をしたおっさんなのに、仕事でもプライベートでもうだつが上がらない現状を打破したいという思いが強くあります。幸せな(=より充実した)人生を歩みたいという思いは強い。もちろん現状の自分を全否定しているわけではなく、周りの環境・人間関係、ある程度頑張ってきた自分とそれについてきてくれた体力にも感謝しています。

 

 性的禁欲と食を慎むことで自分を鍛え、現在の年齢を自覚し今を大切にしながらも、アンチエイジングに挑戦する。良い女性を一人つかまえ幸せにする。一生をかけた仕事の充実、仕事をいつか天職と言い切れる自分になる。これが自分の心の叫びです。こんなこと、なかなか人には言えないものです。

 多かれ少なかれ、内容は千差万別としても、誰しも他人にも言えないことがあるのではなかろうか?全てが順風満帆の人もいるのかもしれない。

 もしかしたら、今生きているというだけが有難く、俺、順風満帆なのかもしれない。

 YouTubeで所さんが、何をやっても成功、人と比べることはない、勝ち組とか負け組とかいう言葉は聞きたくもない、生きているだけで勝ち組だ的な事をおっしゃっていたが、まさしくその通りかも。

 所さん成功する方法を聞く。【前編】幸せとは。運転手いないわけ。アメ車とは。100年後を見据える など雑談 - YouTube

 所さん成功する方法を聞く。【後編】ゴミを拾う人は幸せ。荷物は持たせない。着飾る必要はない。想像力。勝ち組負け組。アルバイト。 - YouTube

 

  結局は今を大切に生きるしかないわけですが、禁欲による精力善用、少食と鍛錬で自分を鍛え、自分の核を作り、一隅を照らし、それが世の中の為になるところまでいきたいものです。

 

 *今回の記事は、なんとなく丁寧語になりました。