節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

砂糖を控えて、腸を守り、コロナ時代を乗り越えよう。

脱砂糖の取り組みが甘くなってきたので、

反省を込めて記事を書く。

 

砂糖と脂質が関連する病気、

 

例えば、クローン病について調べてみると、日本でも患者数は増えてきている。これは食生活の欧米化が関連していると思う。

 

クローン病について 慶応義塾大学病院HPの情報

http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000800.html

環境因子では脂質や糖質の高摂取量との関連が指摘されており、わが国の研究でも脂肪と砂糖を多く含むファースト・フードとの関連が知られています。また喫煙も病気の発病や再び病状が悪化するリスクとなることが知られており、患者さんには禁煙をすすめています。

 

https://bifidus-fund.jp/keyword/kw020.shtml

腸管免疫は重要でこれからも研究は進むと思う。

砂糖と脂質を控えることは、免疫力の強化にもつながると考えている。

 

これからのWITHコロナの時代に、脱砂糖による感染対策は、必須だと思う。

 

ただ、簡単ではない

このスイーツ全盛時代の脱砂糖。

大企業が用意周到に購買意欲を刺激してくる。洋菓子屋さんも多い。

ネットで全国のスイーツをお取り寄せできる。

 

どこか、ポルノ配信全盛時代の禁欲と似た部分もある。

 

どちらも刹那の快感はあるが、それに流されて依存してはだめだ。

 

抗うためには、自分で情報を取って判断していくしかない。

砂糖には依存性があることを十分に認識して対処していく必要がある。

 

 

こんな記事もあった。

砂糖の摂りすぎによる怖い病気6つ|うつ病、免疫力低下…減糖生活のすすめ【医師監修】 (1/1)| 介護ポストセブン (news-postseven.com)

 

砂糖を控えることは、うつ病の予防にもなるようだ。

砂糖を控えて、免疫力を維持し、うつ病も予防して、この時代を生きていこう。

 

必要なことは、食事を見直して、まずは砂糖に依存しないこと。

 

 

スイーツとか、確かに美味いけどな・・・何なのだろうか、あの美味しさは・・・

 近所にも評判の店はある。確かに美味い。幸福感というか脳が喜ぶのがわかる。

 たまには良いのかもしれないが、美味いから、癖になりやすいもの。

 

極力減らしていこう。