節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

お盆の時期に考えたこと。

今週末はお盆休みの企業も多いと思う。

お盆休みについて調べてみると、現在は8月15日がお盆とされている。

もともとは旧暦の7月15日にあたる中元節の日に祝われており、明治5年までは旧暦の7月14日から16日までは、3連休だったらしい。

旧暦の7月15日は、今年のカレンダーだと8月22日にあたる。

故人の霊が帰ってくる時期とされる。

 

故人を思う時、今ある自分の命の有難さを考えるようにしている。

人間は誰しも、いつか死ぬわけであるが、それを常に意識して、1日1日を大切に生きることができているだろうか?

一休禅師の最後の言葉が『死にとうない』だったと何かで読んだことがある。

それが、人間の本音ではないかと思ったりする。

人の魂は永遠だとか、輪廻転生だとか、色々な話があるが、死後の世界のことはわからない。

 

自分は、死ぬ間際に、あと一呼吸分生きていたいと思うのではないかと考えたりする。

それなら、今の一呼吸一呼吸を感謝しながら大切に生きていこうと思う。

呼吸を意識し続けるのは簡単ではない。そこに思いをのせるのはさらに難しい。

ただ、少しずつでも意識していこうと思う。

 

呼吸に関連して、新型コロナウイルス感染症の予防や拡散防止で、皆、マスクをつけるのが当たり前の日常になっている。マスクも大事であるが鼻呼吸も大事である。

鼻呼吸を常に意識していきたい。深い呼吸、腹式呼吸を意識していきたい。

 

 

 

 

新型コロナ感染症はデルタ株が猛威を振るい、感染者数は増えている。

日本は災害級の状態だと東京都医師会の会長の言葉が報道された。

これは、患者を受け入れる病院側にとって災害レベルという意味だと思う。

 

確かに、感染者数は増えているが、自分の周りでは、コロナ流行下という現状は続いているが、TVの報道以外は、1か月前と特に変化はない。

周りでコロナの感染者や死者の話もない。

これは有難いことなのだろう。

 

 

数日前に基礎疾患のない30代男性の自宅での死亡の報道があった。

基礎疾患がなくても、例えば、ヘビースモーカーは予後が悪いだろう。

一般的に30代での死亡率が少ないこの流行り病で命を落とす場合は、何らかの原因があるはずである。

働き盛りで過労だったのだろうか?睡眠不足があったのだろうか?

別の主な死因があり、たまたま新型コロナウイルスに感染していたのだろうか?

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

主な死因に関係なく、死亡時に新型コロナに感染していた場合は、コロナによる死者数にカウントされる現状がある。

 

 

とにかく、1年前は殆ど予想できなかったことが起きている。

今後も予想できなかったことが起きているかもしれない。

ワクチンを作れば、ワクチンの効果が少ない変異種が生き残り、いたちごっこが続くのかもしれない。

一喜一憂してもしょうがない。

 

 

 

油断せずに、基本的な感染対策の継続と、個人個人が免疫力を落とさないようにしていくしかない。

睡眠、食事、基本を大切にしていくしかない。

Dr Ishiguro のYouTubeチャンネルを視聴させていただき、大変参考になった。

https://www.youtube.com/watch?v=oGekMW21_-4

・わからないことにはこだわらない。感染症は必ず終わりがくる。

・自分自身にフォーカスし、自分自身の体調・健康に責任をもつ。

・睡眠時間7-8時間確保

・加工食品、買ってきて食べるような食品を避ける。新鮮な自然の食材を食べる。

・ニュースをみない

・適度な運動をする

など。

 

 

 

今できることを大切にしていこう。

そして、お盆の時期に、過去、幾多の感染症を乗り切ってきた先祖に感謝しよう。