節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

禁欲350日を明日に控えて

明日で禁欲が350日。
明日はブログを書く時間がないかもしれないので、今日記録しておく。
次の節目は365日か400日かな。


最初はあまり意気込まずに始めたので、実際の開始日からは350日はもう経過していると思う。

最後に抜いた日を忘れたので、生涯現役のお手本としている、矢沢永吉さんの誕生日である9月14日を、少なくともこの日からは抜いていないだろうと推定し、自分の禁欲開始日と設定している。
実際は9月8日くらいが開始日か?



変な個人的な日と一緒にされて、永ちゃんもいい迷惑だが。




自分の場合、自律のタガが緩むのは、ドカ食いとアルコール。
特にアルコールで性的な面の抑制が緩くなるのをはっきり自覚できる。
コロナ禍で飲み会がほぼなくなったのは、禁欲が続いている大きな要因の一つだと思う。


アルコールとの付き合い方には今後も注意が必要だろう。




禁欲を継続していて体調に特に大きな変化はない。
これは、悪い意味ではなく。

禁欲が当たり前になってきている。
勿論、良からぬ妄想を打ち消さねばならない時もある。



エネルギーの充実を大きく感じることはなく、逆にいえば枯渇感もない。
少しずつ充電している感じか。

自分は枯れてしまったのかと思うこともあるが、毎日朝は起立している。筋トレなど運動が足りないのだと思う。息を切らすような鍛練の時間を増やさねばと思う。


今、気づいたが、以前は起立していない朝もあったから、現在と禁欲前の感覚や日常で知らず知らず変わっている面も色々あるのかもしれない。



食生活は大豆製品の摂りすぎ感はあるので、男性ホルモン充実の面からは、あまり良くないのかもしれない。
他にも色々見直すことはあるだろう。



女性関係に関して進展がないのは、仕事柄コロナになるわけにはいかず、自粛し過ぎているのもある。




仕事はほんの少しずつだが業績は上向き。
そして健康面で、発熱がなく、体調を大きく崩さないこと。
これだけでも御の字だ。
運が良いと感じることもある。




精神的には、至って普通。普段、もちろん凹むこともある。
ただ、リカバリーは早くなっているかもしれない。


自慰行為をしない誇りは積み重ねている。
カッコ悪いオッサンにはならないぞという覚悟というか意地がある。
これがあるうちは自分は大丈夫と思っている。


生活を見直し良い方向に精進していこう。






忘れてならないのは、油断大敵。
ポルノとは言わないが、ちょっとしたTIKTOKなどのお色気動画などがネットに溢れている。
見ても画一的であまり色気は感じないけど。
ポルノ中毒から抜けれた気もするが、欲望に身を任せたら、簡単に堕ちていくだろう。
簡単な本番にも注意が必要だ。




前を向いて頑張ろう。そして、顔晴ろう。