節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

やはり気になるワクチン あくまで私見 

あくまで個人的な考え。

下手くそな例え話。

ある車を勧められていたとして
ディーラーさん曰く、
この車は、耐久試験等は従来の車と比較すると不足していますが、とりあえず必要とされており、販売しております。
ただ、事故の要因となる欠陥があっても、弊社は責任は負わない契約となっております。

もちろん、この車がなくても目的地には行けます。ただ、歩いていくよりは、この車を使った方が安全とされています。
約2万人あたり、この車を使う場合8人、使わない場合192人がトラブルに遭遇したというデータがあります。96%の確率でトラブルを防ぎます。

もともと、約19800人くらいはこの車に乗ろうが乗るまいがトラブルに合わない?
まぁそういう見方もできます。

トラブルで死ぬ確率?
このトラブルが明るみになったのが、昨年の春くらいからですが、
今年の4月の時点では、日本では累積で、人口100万人あたり73人が亡くなられている統計があります。
1万人に1人も死んでいなかった?
そう言われたらそうですが。
でも、テレビでも連日報道されていますし、トラブルは怖いじゃないですか。


今は、この車を使う人もだいぶ増えてきてますよ。
8月は、トラブルが増えていますし。色々トラブルの内容も少しずつ変化しているみたいですが、この車を使うことでトラブルで死ぬリスクを減らせます。



この車自体のトラブルで死ぬ人がいる?
そこは、因果関係がはっきりわからず不明としか言えません。
8月までで1000人近く亡くなられた報告はありますが。


それからすみません。
この車は半年後にもう1回買い換えが必要かもしれません。最近、わかってきたところです。
その半年後も買い換える?そこはまだ、はっきりしていません。


でも、国も購入を勧めていますし、何といっても無料です。税金から天引きです。

いかがですか?










俺はこの車はいらん。











人類が使いはじめて、まだ1年も経たない薬
緊急的に認可されたので、長期的な視点での実験データは足りない。
どれだけ効果が続くか、はっきりとはわかっていない。
そもそも効果が判定しづらいのではないか?
免疫力の個人差、環境、基礎疾患、年齢
要因が複雑すぎる

やはり、動物には悪いが、色々な想定をした、時間をかけた、条件を厳密に設定管理できる動物実験が重要だろう。

ただ、実際は、言葉は悪いが人間で実験されている状況だ。イスラエルが先頭をいく。ただ、イスラエルも感染は再爆発。3回目の接種開始、4回目も必要という声も出ているらしい。

マスコミ、特にテレビはあまり、リスクを唱えるコメンテーターを使わない。
推進する大臣は反論的情報をデマだと一刀両断。もちろんデマもあるのだろうけど。

製薬会社は薬害の責任を問われない。


もちろん、病気で亡くなる方がいる。苦しむ方がいる。個々のリスクに応じて使えば良いと思う。


ただ、テレビの報道に自分は違和感を感じるのだ。


個々が考えて薬の使用を決めるのだから、もうちょっと、国内外の色々な情報が、整理してわかりやすく提供されたらいいのに と思う。


この医師の見解に同意
https://president.jp/articles/-/42438

少し古い記事だが正論だと思う記事
https://president.jp/articles/-/41706?page=1









自分は天の邪鬼なのかもしれない。
でも、気になってしまうのである。

今後、真の情報収集力選択力が問われる時代になる。英語も再度勉強しよう。

大切な人達を守るためにも、勉強していこう。