節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

理想はのび太の優しさ。それにジャイアンの体力があれば理想的。

ドラえもんの主人公の のび太


しずかちゃんのお父さんの有名なのび太評がある。

のび太結婚前夜という話だったと思う。


のび太くんを信じなさい。
のび太くんを選んだ君の判断は正しかったと思うよ。あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。それが一番人間にとって大事なことなんだからね。
かれなら、間違いなく君を幸せにしてくれると僕は信じているよ。

この、言葉をこっそりと聞いていた、のび太ドラえもんは涙を流す。

ドラえもんには愛がある。




人の幸せを願い、人の不幸を悲しむ
この人間性を、意識して自分の中に少しずつ培っていこう。



他人の不幸は蜜の味という、のび太とは真逆の方向の言葉も世の中にはある。

自分の心の中にも残念ながらある。残念ながら。

しかし、この方向の思考や感情が起因となった人間の活動は良い方向にはいかないだろう。





結局は、やはり人間性なのだ。

のび太の、方向に少しずつでも、自分を寄せていきたい。
ちょっとした思いやりの積み重ねの訓練。
自然にできるのが、もちろん理想なんだが。


結局は愛情なんだろうか。



人間には、好き嫌いもあるし、自分みたいな凡人は、完璧に隣人を愛することはできないかもしれない。
そこは、ある程度の折り合いをつけることも必要かもしれない。


好きな気持ち、嫌いな気持ち
好かれること、嫌われること
それは、自分でコントロールできない場合もある。


ただ、思いやりは大切だが、無理に好きになろうとするのも良くないかもと思ったり。
嫌なヤツだが、例えばもし溺れていたら助ける。あとは知らん。
それ位の気持ちでいた方が良い場合もあるかもと思ったりもする。

ただ、自分よりも愛に溢れた人間は、考える次元が違うのだろうな。




男としては、のび太の優しさが第一。
それにジャイアンの体力が伴えば良いなと思う。

思いやりの訓練と筋トレを続けよう。

そして、少し関連するが、人の陰口、悪口は言わない、それだけは守ろう。
自分の中の男の修行だ。



今週末は珍しく仕事は休みで2連休。でも、遠出もできないご時世だし、朝早く起きてブログを書いている。

この駄文を読んで下さった方も、そうでない方も良い週末を。体調崩している方がいらっしゃればゆっくり休んでください。
アクセス1日に多くても50もいかない、ブログの片隅から、愛をこめて。



話は変わって、はてなブログの今週の?お題は
最近、しばいてる?
なかなかのお題だな。プロブロガーさん達はどんな文章を書かれるのだろう?
ちょっと興味がある。
自分をしばいていく、叱咤激励的な精神的な方に持っていくのか?
面白い創作にするのか?