節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

アイアムアヒーロー

ネタバレを含むので、これから作品を読もう、観ようと思っている人は読まないで下さい。

 

アイアムアヒーロー 

もともとは漫画で作者は花沢健吾先生。

今回はAmazonprimeで映画の方をみた。

 

 

 

 

話は脱線していくが、花沢健吾先生の漫画では、アンダーニンジャも少し前に読んで面白かった。


いわゆるゾンビの映画

大泉洋さんが主人公

ヒロインは長澤まさみさんと有村架純さん

結末として、主人公は、やはり、本物のヒーローだった。ヒーローは自分の弱さと向き合いながら、最後まで諦めなかった。

主人公の絶妙なヘタレ具合に共感してしまう。

ヘタレだけど紳士、そして優しい。


途中、有村架純さんをおんぶして、歩いたり逃げたりするシーンがある。


男なら、何かあった時に、有村架純さんを背負って数㎞歩けるくらいの体力は必要だと思う。これは体力がかなり必要だ。

改めて筋トレを頑張ろうと思う。

(下らない文章で申し訳ない)


重いものを持ってある程度歩ける体力は、普段は全く必要ないが、緊急時には、かなり重要な能力なのかもしれない。



他に印象に残ったのは、脇役のドランクドラゴン塚地武雅さん。

芸人さんなんだが、普通に俳優である。



原作の漫画の方の結末も読みたくなった。


最後の方で、長澤まさみさんがタバコを吸うシーンがある。


長らく禁煙しているが、ああいう時のタバコってうまいだろうなぁと思う。

何か大きな仕事をやり遂げた時はタバコの1本くらいは、自分へのご褒美として良いのかもしれない。

ただ、久しぶりに吸うタバコは、不味かったりするのだが。



久しぶりの映画は楽しめた。