節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

日本人のノーベル賞受賞のニュースを知り考えたこと

めでたいニュースが新聞一面を飾る。
日本人のノーベル賞受賞。
地球温暖化の研究。
 
最近は、経済が、エコというか、地球温暖化対策を後押しするようになっている。
ガソリン車がなくなる未来を目指しているらしい。




ノーベル賞の受賞者は皆さん素晴らしい業績で、自分はそのように道を極める人を尊敬する。





しかし、一方で、天の邪鬼の自分は思う。


自分に関しては、身の周りの受賞的なものを今後一生欲しがらず、基本的に人に譲ろう。

そもそも受賞するような業績は何一つないけれど。



穿った見方かもしれないが、

多かれ少なかれ、大なり小なり、
受賞の類いが、政治的に、世論形成に、
もしくは業界や地域のコミュニティやある枠内でのパワーバランスに利用される可能性があると思った。


賞を授ける側の価値観や意図に左右されるのは否定できない。





自分は、日本の、そこらへんの
一人のサラリーマンだが、

見返りは求めず、ただ、一所懸命働けばよい。

それが、自分の為にもなり、社会の為にもなると信じよう。



現在の天皇陛下は、自分は、個人的に好きで、皇后様を愛し守る姿は尊敬もしている。

ただ、叙勲などの勲章は必要ないし、生涯謁見できなくてよい。





繰り返すが、天の邪鬼の自分の単なる思い。 


毀誉褒貶に左右されない男になりたいだけなのかもしれない。