節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

減量は難しいが続けるのみ。

年末までに、体脂肪を5kg落とすことを目標にして、筋トレを続けているが、苦戦中である。

ここ1、2ヶ月、体重は殆ど変わっていない。


自宅の体重計の体脂肪率測定値は曖昧で、正確な数値ではないにしろ、体脂肪率も変化なし。


体重5kg減が1番わかりやすい目標になる。
年末まで、2ヵ月ちょっとだ。

筋トレなどトレーニングを続け、食べる量を少な目にしよう。

ただ、食べる量が、あまりに少ないと、筋肉が分解されやすく、育たないらしい。

レーニングは有酸素的な運動含め色々やっていこう。総合的な体力強化が目標である。

なかやまきんに君曰く、筋トレに正解はないらしい。怪我をせず、筋肉が成長すれば、間違ってはいないらしい。
自分にとって丁度良いところを探って見つけるしかない。

サプリメントの類いは最近何も摂っていない。亜鉛サプリは買ったものがあるから、これから飲んでみようかとも思う。エビオスも一応はあるのだが。
基本的にカプセルや錠剤、プロテインパウダーなどが好きではないのだ。



食生活は脱砂糖に改めて厳しく取り組む。
最近緩んでいた。チョコ味のプロテインバーなど、理由をつけて食べたりしていた。

プロテインバーを食べるなら、卵や魚、肉、豆腐などを調理して食べよう。

これから、冬に向かう。
免疫力の維持が重要になる。
白砂糖などの加工食品を控えることは、体内のミネラル分が減るのを防ぎ、免疫力の維持にもつながると思う。
気を引き締めて取り組もう。




そして、年齢的に段々無理がきかなくなる。
食事、運動、休養・睡眠のサイクルをバランスよく回して、先手、先手で仕事などに取り組む必要がある。






話は大きく変わって、
年末には、村田諒太選手とゴロフキンのボクシングミドル級タイトルマッチがあるらしい。

楽しみである。是非、村田選手には、勝利して王座を統一してほしい。

自分の場合は、年末までに体脂肪5㎏落とせるかどうかを、戦いと思って取り組もう。
村田選手の試合前の緊張感を想像しながら、自分を律していこう。

体脂肪率を年末までに12から14%台位にもっていきたい。




禁欲は今日で398日経過。
ムラムラはあるが、何とか我慢している。
エロ禁も継続。

禁欲したからといって、自分の場合は、全てが好転しているわけではない。そんなに単純なものでもないだろう。

ただ、前向きは前向きである。
ストレスがゼロの世界は有り得ないし、色々あるだろう。まぁ、自分のストレスの原因など、改めて文字にするのも恥ずかしい、本当にどうでもよいくらいスケールの小さいものが多い。自分の小ささも感じるが、これが自分なのだ。


我に七難八苦を与えてくれと、三日月に祈った山中鹿之助の境地にはほど遠いが、地味にコツコツ、前向きに、亀のように進んでいこう。🐢


試練を有り難いと心から思える日が来るかもしれない。