節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

健康に傲らずに 禁欲と前立腺がんのリスクを考える

新年そうそう、年末の健康診断の結果を知る。
昨年よりもいくつか数値が悪くなっていた箇所もあった。

運動不足、そして節制が足りないなと反省。


自分が健康体だと、あまり傲らずに、
謙虚な気持ちで節制を続けようと思った。





性的な禁欲のデメリットとして、
巷で、よく言われることに、前立腺がんのリスクの上昇がある。


今の自分にとっては、考えられない頻度であるが、
米国人の中年男性で、月に21回以上射精することで、前立腺がんのリスクが2割程度減るというデータがあるようだ。



ただ、これは単純に鵜呑みにはできないと、調べていくうちに思った。

まず、月に21回以上とは、2日に1回以上の射精頻度である。

自分だったらがんのリスクが多少減っても、かなりエネルギーを消耗してしまうと思う。

そして、その射精の内容も重要だと思う。

女性との性行為なのか
ポルノ中毒者による自慰行為なのか 
心身に与える影響は全く違う気がする。






いくつかネットサーフィンをして情報をあたってみたサイトを貼っておく。


https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27033442/


https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160414-OYTEW154384/amp/


https://kanto-clinic.jp/news/%E9%A0%BB%E5%9B%9E%E3%81%AE%E5%B0%84%E7%B2%BE%E3%81%AF%E4%B8%8D%E5%A6%8A%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%9A%E5%89%8D%E7%AB%8B%E8%85%BA%E7%99%8C%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB-1543.html




自分は、禁欲を1年以上続けた状態だったが、前立腺がんの腫瘍マーカーは全く問題なかった。

これから色々調べてみよう。