節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

災害の被害が少ないことを祈る

昨日の午後は、天気が良く、景色がいつもより綺麗に見えた。営業車で走りながら、事務所に戻らず、そのまま、どこかにドライブしようかと思ったくらいである。


深夜目が覚め、テレビをつけると、津波について注意換気の報道が流れている。

災害がおこらないことを、被害が少ないことを祈るのみだ。


トンガでの、海底火山の大噴火が原因とか。
トンガの周辺では津波があったらしい。
https://youtu.be/1zQdiG_wboE

American Samoa AHI Natural Color https://t.co/SfVxhabuYq https://twitter.com/sado_kouta/status/1482232801181433858?s=20


トンガ王国内の情報もなかなか入ってこない。
被害が少ないことを祈るのみだ。




大自然という、言葉があるように、
自然の力の前では、人間の力などたかが知れている。


火山、地震津波のリスクに常にさらされている。

日本でも、もし、富士山が、大噴火すれば、火山弾で火災が起こったり、大量の火山灰が積もり、広範囲にわたり交通や通信が阻害され、ライフラインが阻害されるという。

テレビやネットもつながらなくなり、ライフラインが止まる可能性がある。

基本的な災害対策、ある程度の、水や食料の備蓄をしておこう。





そういえば、
トンガ王国は、コロナの感染者はほぼいないようだ。

新型コロナウイルスの感染状況を日々更新 https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/tonga/