節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

冬に風邪は流行する 心配してもしょうがない。

冬に風邪は流行る。
新型コロナもインフルエンザも風邪ファミリーの仲間だ。

オミクロンが予想通り増え続けているが、
あまり、心配してもしょうがない。
若者はほぼ重症化しないだろう。


過去にはインフルエンザが大流行した年もある。それに比べればまだ、ましだ。

沖縄はピークアウトしてきたかもしれない。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/899181




自分のこれからの感染対策について再度考えてみた。

花粉もそろそろ飛び始めるし、
気休めの部分はあるが、マスクは継続する。

そこら辺にウイルスはいると考えた方が良い。
感染対策の要は、個人個人の免疫力。
生活習慣も関係する。
過労を避けるのも大事。でもだらけない。
ちょうど良い緊張感を保つ。
体を冷やさず、睡眠、少食、運動、禁欲、入浴など気をつけてやっていく。
特に運動が課題だ。

エロと大食い、砂糖は厳禁。


人混みは極力避ける。


気をつけて普通に生活して、体調を崩した時は早めに対処する。

なんとも普通であった。

冬に風邪は流行るのだ。
心配してもしょうがないから、普通にいこう。







病床稼働率はまだ、そこまで高くはないが、
軽症は自宅療養で良いと思う。
インフルエンザでも入院しない場合が殆どだ。
他の病気の方のため、病床を確保する必要がある。


無症状感染者を見分けるのは難しい。
自分自身もわからないだろう。
症状が気になったら学校や会社を休むしかない。



PCR検査も一長一短だ。
いつか、PCR検査場でクラスターが起きるのではと懸念する。
判明していないだけで、起こっている可能性もある。
起こっても実際はたいしたことはないのかもしれない。


インフルエンザと同じような扱いで良いと思うのだが、国は方針を変える様子はない。
あと1~2週間くらい?ピークアウトするまで、とにかく粘るつもりだろうか。


オミクロンだけを考えると、それでも良いかもしれない。
重症者は少ないようだし。
極端に死亡者数が増えることはないと予想する。



懸念は医療崩壊
通常の怪我とか、妊婦さんとか
病気、脳卒中とか心筋梗塞とか、
救急搬送されるような状態の方が受け入れられなくなり救えなくなること。
そういう人がでないことを願う。