節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

今週のお題「鬼は外」

今週のお題「鬼は外」
珍しく、お題について書いてみる。

鬼と言えば、
まず、思い出すのか、
雀鬼 桜井章一さん


自分の中に、自分を律する良い意味での鬼を育てる必要性はある。



他に「鬼」と言えば、
餓鬼も鬼という文字が入っている。
餓えた鬼、餓える鬼、なかなか強烈だ。


以前の記事で、仏教の教えの十界について触れたが、
一番下が、地獄界、その次に下なのが餓鬼界である。


心の状態をいうのだろう。

あれも欲しい、これも欲しい、
自分の場合は、
物欲より、食欲だ。
強力な餓鬼がいる。

こいつはどうにかする必要がある。


食に関する部分だけでも、自分の中の餓鬼を消すことができたら、どんなにか良いだろう。


普通に腹八分
これがなかなか難しい。
食欲はつよい。


逆に物欲は、あまりないような気がする。
いや、あるか。

お金があれば、車、時計、色々買うだろう。

コロナで自粛していることもあり、
物を買いに外に出ることも、殆どない。



地位や名誉?欲しいかも。
ただ、実力がまず、大事だろう。



性欲、もちろん、ある。
  





色々思い返してみると、
俺は、単なる欲の固まり、餓鬼の部分は多々ある。







だからこそ、命もいらず、名もいらず、的な生き方に惹かれるのかもしれない。

必要なのは、強さ、地力、実力



そして、一方で大事なのは、
自分の欲ばかりを満たすことではないとも、
何となく思っている。



のび太のように、他人の幸せを喜び、他人の不幸を悲しむ、優しさは大事だと思う。




少しずつ、自分の中の餓鬼を小さくしていきたい。

明日は節分。

鬼は外である。

そして、福は内。

自分を律する鬼を育てながら。