節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

立春と北京五輪開幕

https://www.ndl.go.jp/koyomi/chapter3/s7.html

旧暦で今日は1月4日、
そして二十四節気での立春である。
春か。
新たな気持ちで頑張ろう。


中国では、今の時期は春節といい、
一部の富裕層が 連休で旅行をして、
以前は、日本を含め外国でたくさん買い物をして、お金を落としてくれていたようだが、
今年はコロナでそれも期待できない。


観光業界の方には悪いが、中国人頼みのビジネスから脱却していただきたいが、難しいのかな…
自分達が、国内を動き回り、お金を落とせる日常が戻ってほしい。
その為には、コロナの扱いを変える必要がある。


今回のオミクロンで、色々なデータが出るだろう。先日、沖縄の状況について、専門家が話されていたが、感染対策は重要とはいえ、過度に恐れる必要はなさそうだ。




今日から、北京オリンピックがはじまるが、
このコロナ渦で、中国経済自体にもあまり良い影響は与えないのではないだろうか?
特に一般国民にとっては、恩恵の少ないものになるだろう。



以前、一人だけ、中国人の友達がいた。
良い人だった。
しかし、自分の勉強不足もあるが、中国という国家体制には、あまり良い印象を持っていない。

偏見もあるかもしれない。

遠くない将来、中国共産党は崩壊するような見方をする人もいる。

人権侵害など、色々な問題はある。
軍事力はあるし、金はあるし、厄介な国だ。
周りの国とは領土問題を抱えている。

中国が平和の祭典のオリンピックを開催するのが、壮大なジョークに思える。

どこか白けていて、オリンピックにもあまり興味が湧かない。
選手の方々には、罪はないのだが。

選手から感動はいただけるのかもしれない。

しかし、醒めた目で再度中国を考える機会になるだろう。
そして、本当に非人道的な国家だったら、
どこかでボロがでるのではないか?
生中継なら、隠せない部分がでるかもしれない。
色々な証言もでてくるだろう。
まぁ、コロナを理由にして、色々規制は強いだろうが。


純粋に、選手のパフォーマンスを楽しみながら、それとは別に、中国の五輪運営にも注視したい。



THE BLUE HEARTSのTRAIN-TRAINに

ここは天国じゃないんだ
かといって地獄でもない
いいやつばかりじゃないけど
悪いやつばかりでもない

という歌詞があるが、
色々なものが混沌としている世の中で、
生きていく必要がある。


今日は立春、新たな気持ちで、
流行り病にあまり気を病まずに、頑張っていこう。

もう少ししたら、色々花も咲き始める。

次の二十四節気の区切りは2月19日頃の「雨水」だ。