節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

羽生結弦選手のこれ以上できない努力

北京オリンピック

男子フィギュアスケート
日本人選手が活躍した。

鍵山選手が銀メダル、宇野選手が銅メダル
素晴らしい。



ただ、自分の中では主役は、
4位に終わった羽生結弦選手だった。

四回転半ジャンプに挑戦したのは彼らしい。


失敗をしないようにして、演技をしたら、
もしかしたらメダルはとれたかもしれない。
しかし、リスクを承知で挑戦する姿勢は、流石だと思った。
インタビューも潔かった。


10年以上、世界のトップで戦ってきた羽生選手が、
インタビューでこれ以上できない位の努力をしてきたと話すのを聞いた時、



自分を振り返って、
改めて、仕事を頑張ろうと思った。



スポーツ選手みたいな華やかな世界ではない。 
スポットライトを浴びるような職種でもない。
一生、無名の1人の男だろう。


ただ、何かに取り組むという点では羽生選手と同じである。
羽生選手にとってのスケートが、
自分にとっての仕事である。

一所懸命やっていこうと思った。

世の中の役に立てるように。





これ以上できない位の努力をしてきたと
自分に今、言う資格はない。

ただ、今から努力をして
彼らのレベルに少しでも近づきたい。