節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

節制の恩恵の確認

腹八分で医者いらず、
腹六分で老いを忘れ、
腹四分で神に近づく
という言葉がある。

自分は特に食い意地が張っている人間だ。
腹八分というのが、なかなか難しい。


一時続いていた、トランス脂肪酸などを避ける取り組みも、3月半ば頃から緩み、
大好物の唐揚げを食べ、
1年半振り位に、マックも食べた。

マックの習慣性は恐ろしく、
ここ2か月くらいで、4-5回は食べた。
久々に食べた感想として、
ダブルチーズバーガーは不味い。
名前は忘れたが肉の分厚いバーガーは旨い。
ビッグマックは旨い。

そして、今、マックは、ビッグマックの期間限定の企画をやっている。ビッグマックの更にでかいバージョンがあるらしい。キャンペーンにまんまとはまりそうである。広告がうまいよ。


結局は、依存しやすい食べ物なのだ。
高脂質の食い物は旨い。
ビッグマックの1番でかいやつに興味があり、また、バーガーキングを食べたいと考えたりしているが、
一旦、気持ちをリセットして、節制モードに切り替えていきたいと思う。


食ってしまえばよいのかもしれないが、まぁ、欲に流されるのは、良くない。



頭では、わかっている節制の恩恵を
文章として書くことで、再度確認したい。


節制、食べ過ぎないということは、
生命エネルギーの節約だと思う。
食べ過ぎ、飲み過ぎたら眠たくなる。
消化にエネルギーが必要で
より、長い休息、睡眠時間が必要になる。


野生動物は、基本的に肥満体は少ないと思う。
自分の身を守るためには、ある程度、動ける状態でいなければならない。


適度に食べ、適度に動き、適度に休む。
このバランスが大切であり、
基本は、節制から始まる。

時間を有効に使うために、
お金のかからない健康維持の方法として、
腹八分を再度、心がけていきたい。



方法は、
自炊、
食材を買う頻度を減らす。買うものを制限する。
これしかない。



食の乱れから、禁欲への影響も危惧したが、
何とか継続している。
ただ、マックと同じく、リセットしたら、繰り返す可能性はある。
脱ポルノは習慣化したようだが、注意はしていこう。