節氣刊 男の修行

人生に感謝 節制と禁欲と筋トレと読書

梅雨 入梅から夏至の期間に思うこと

日本の超過死亡者数が去年から最近まで、増えているという。
例の新しいワクチンの影響ではないか、との声も上がっている。

ただ、4回目の注射も始まっていて、打つ人もいるようだ。

オミクロン株の、その先の為に、
オミクロン前の株用のワクチンを打ち続ける意味について、はたまた疑問が残る。

厚生省のワクチンに関するデータの間違いもあり、未接種者と2回接種者で、オミクロン感染結果は差がないとの情報もきく。

そりゃそうだろうと思う。自分はADEというより、株が違うからだと考えている。
ただ、まだ、日本で新型のワクチンが出回って1年4カ月くらいだ。色々明らかになるには、もう少し時間がかかると考えている。
ただ、大多数が2回目を打っているから、未接種者との比較対照は難しい面もあると思う。
薬害が少ないことを祈るのみ。


日本にも、アメリカCDCが出てくるらしい。変なグローバル化の方向に世の中は変化している。




戦争は、なかなか終わる気配もないが、ウクライナは本気でロシアに勝とうとしているのか?
日露戦争の日本のように、落とし処を見つけて、早目に講和を結ぶべきと思ってしまう。

国破れずも、山河と人命なし、的な状況にならなければ良いが。
国宝は国の一隅を照らす人材なのだ。
女性も徴兵するような情報もあるが本当なのだろうか?もともと徴兵制があり、ある程度下地があるのかもしれないが、



自分は、前のアメリカ大統領選でトランプさんを応援していた。
トランプさんも賛否両論ある人ではあるが、結局、バイデンさんが大統領になってから、戦争が始まり世界は不安定な方向に走っている気がする。


戦争を始めたのはプーチンさんだが、
なぜ実質反ロシアのNATOをあんなに拡大させる必要があったのだろう?
こんなことを書いたら、頭おかしいと思われるかもしれないが。

昔、キューバに核ミサイルが配備されようとした時、アメリカは圧力をかけた。
大量破壊兵器がある疑いだけで、イラクを攻撃した。
前も書いたが、その逆の構図である。
ウクライナは利用されている面は少なからずあると思う。なぜ隣国に喧嘩を売る必要があったのだろうか?

それでも、最初に戦争始めた方が悪いは悪い。

ただ、ウクライナ東部の独立とネオナチ、プーチンさんの言い分が何%くらい正しいのか、正確な状況を知りたい。ゼロではないと思うから。





それから世界の一部の大富豪が、富を独占する傾向が進む。

日本にいる自分たちは、まだ恵まれている。
国民の大部分が、極端な贅沢も知らないが、極端な貧困も知らない。

自分は、例えば国際線のファーストクラスや、新幹線のグリーン席、高級ホテルのスイートなど、もともと知らないが、興味もない。
移動できて、ある程度快適に寝れたらそれで良い。

多くの富を持たない者の、戯れ言かもしれないが、贅沢は、そんなものだけじゃないだろう。

まぁ、世界の中ではまだ恵まれている日本だから言えることだが。


生きているだけで丸儲け。

その中で、自分らしく、男らしく、生きていければ良いと思っている。